退職手続きの手順

病院の薬剤師募集ナビ

退職手続きの手順

転職活動の終点は、転職先の決定ではありません。
引用:病院の薬剤師募集の現状より

退職時のマナー

現在の職場に対しての責任も果たして、しこりを残さずに退職することも社会人としてのマナーであり、そこまでやって初めて転職活動が終わったと言えます。退職までの簡単な流れと注意点を確認しておきましょう。
まずは今の職場に退職の意思を伝えること。退職の意思をいつまでに伝えるかはたいてい就業規則で定められていますが、引継ぎのことなどを考えて、2ヶ月くらい前には直属の上司に相談しておいた方がいいでしょう。さらに上層部へ伝えるのは直属の上司の役目ですから、いきなり病院長や社長に打ち明けるのは避けましょう。同僚にはまだ話さない方が無難です。
退職が正式に決定したら、1ヶ月前くらいを目安に、退職願を提出します。自己都合で退職するということを示すための形式的な書類なので、退職理由を事細かに書く必要はありません。「一身上の都合により」で十分です。

退職決定後

退職することが周知されたら、自分の担当業務についての概要、注意点などを書類にまとめておきましょう。
すでに後任が決まっていればもちろん直接業務を教えるのが第一ですが、自分が去った後にも不明点を確認できるよう、文書の形でも残しておく方が親切です。病院で担当患者さんを抱えている場合は、患者さんに不安を与えないよう特にしっかり引継ぎをしておくことが大切です。
勤務最終日には、健康保険証や社員証、名刺などを会社に返却し、雇用保険被保険者証、離職票など必要書類を受け取ります。私物を残してないか再確認して、気持ちよく職場を去りましょう。
医療業界は狭いので、転職しても数年後にまた同じ職場で再会するということが多々あります。たとえ嫌な思いをした職場だったとしても、上司や同僚に悪印象を与えない、スムーズな退職を心掛けてください。

メニュー
HOME 退職手続

先頭へ戻る