お薬手帳で服用記録を管理

病院の薬剤師募集ナビ

お薬手帳で服用記録を管理

調剤薬局で、患者さんの服用している薬や体調を記録するツールとして薬歴を用いるように、患者さん自身が自分の薬や病気についての情報を記録するツールとして、お薬手帳があります。
お薬手帳を正しく利用することで、同じような効果の薬を重複して服用したり、飲み合わせの悪い薬が処方されたりすることを予防できます。
お薬手帳の台紙自体は、調剤薬局でたいていは無料でもらえます。毎回処方箋と一緒に手帳を提出すれば、処方内容を薬局で記録して返却します。
ただ薬局でシールを張ってもらうだけになっている人も多いですが、より手帳を効果的に使うには、市販の医薬品やサプリメントの服用履歴も自分で書き込むことをおすすめします。
医療従事者は自分で管理できるからとお薬手帳を持たない人もいますが、医者であろうと薬剤師であろうと、意識がなければただの患者です。急に倒れて救急搬送された時のことなどを考えれば、医療従事者でもお薬手帳を携帯し、自分のアレルギー歴、服用している薬などを記載しておくことが重要です。また、血圧の薬など慢性疾患で定期薬のある人は、災害時、お薬手帳を持っていたことで、これまで飲んでいた薬の内容が正確にわかり、スムーズに同じ薬を入手できたという例もあります。
複数の病院にかかり、それぞれの医療機関の近くの薬局で薬をもらっている患者さんの中には、薬局ごとに手帳を分けている人もいますが、それではお薬手帳の役割が十分に発揮されません。手帳は1冊にまとめて、どの薬局でも同じ手帳を提出し、その手帳を情報源として、その日の処方が適切か薬剤師がチェックするというのが理想的です。

メニュー
HOME 退職手続

先頭へ戻る